オジングル」って聞いたことありますか?

私は最近初めて聞きました。

オジングル」とは一人で行動する団塊世代の男性を指す言葉だそうです。

言われてみるとなんとなく当たっているなと思います。

私も含めてこの世代はある種画期的な変革を起こしてきた世代なんですね。

いま、団塊の世代といわれていますが、しばらく前は「ベビーブーマー」と呼ばれる世代でした。

戦後の1947年から1949年を中心に生まれた世代のことです。

この世代は人口が多いですからこの世代の動きによって産業構造が大きく変動させられた世代だったわけです。

まず、カップヌードルなどのインスタント商品を受け入れた。

次に、マクドナルドなどのファーストフードも受け入れた。

さらにファッションではVANなどというブランドも築いた。

このように今は当たり前になっているかもしれないことをすべて受け入れ育てた世代なんですね。

ですから、こだわりを持っていて、他人との差別化を意識して自分を見ていて自分の世界というものを持っている世代なんですね。

夫婦というものを大事にしてマイホーム主義なんていう言葉もこの団塊の世代が作り出した言葉ではないでしょうか。

そんなマイホーム主義の男性が妻と一緒に行動したいのだけれども妻に拒否され仕方なく一人で行動しているが、でもこだわりはもち続ける。

こんな団塊世代の男性を「オジングル」と呼ぶそうです。

どうでしょうか?

私としては、受け入れてもいいかなと思う言葉の響きですが、この「オジングル」広く一般に受け入れられるでしょうか。

注目ですね。

 

人気ブログランキング  応援よろしくお願いいたします