今日の毎日新聞に「本体スリム化装う?」「 NHKファミリー法人巨額利益剰余金」という記事がありました。

記事は「会計検査院による調査でファミリー法人の887億円もの巨額の利益剰余金と内部留保の存在が明るみにでた NHK。本体のスリム化を進める一方でファミリー法人へのOBの送り込みと随意契約をセットした手法を使い NHKが肥大化し続けてきた経営実態が浮かび上がった」と報じています。

要するに受信料不払い問題での国民感情を考えてNHK本体はスリム化しているように見せて、人員整理したようにして辞めた職員をファミリー企業を受け皿として移動させただけ。

さらに番組委託した委託費はノーチェック。

ファミリー企業が儲かるような仕組みを作り上げているということです。

「NHKは企業努力をしていますから国民の皆さん受信料を払ってください」

こう訴えて、後を向いてアカンベーしているって言う事ですね。

儲け頭がNHKエンタープライズで利益剰余金が155億9100万円。

番組制作とその番組のCDやDVDなどを販売している会社のようです。

二番目が日本放送出版協会で利益剰余金が127億6200万円。

この会社は皆さんご存じのようにNHKの講座のテキストなどの販売ですね。

いずれも他の民間会社が手を出せない独占企業です。

価格設定も自由にできますから人員を受け入れても直ぐ取り戻せますよね。

このようなNHKファミリー企業の実態を知ると完全にNHKに馬鹿にされているような感じを受けるのは私だけでしょうか。

NHKが都内の受信料不払いの家庭を法廷闘争に持ち込みますよと脅しをかけたというニュースが今年の前半にありましたがこの実態を知ると受信料制度に大いに疑問を感じますね。

私の知り合いのお兄さんが出版協会に勤めていて高額な給料を貰っていると言っていましたが、それでもこれだけの利益を出せると言う事は企業努力という言葉では説明つきませんね。

いつも応援ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。クリックよろしくお願い致します