またまた訳の分からない悲惨な事件が起きてしまいました。

容疑者と見られる男が自殺をしてしまいましたので真相の解明がどこまで進むのか解りませんが。

それにしても、直接関係の無いと見られるコーチの倉本舞衣さんは本当にお気の毒です。

ご両親はじめ新たに新生活を一緒に始めたパートナーの方もいたとか、この悲しみ、この思いを誰にも、どこにもぶつけることの出来ないもどかしさ。

人の人生をこのように奪ってしまってよいものなのでしょうか。

最近のニュースを見ていると「人の命の尊さ」が完全に無視されています。

薬害肝炎の問題も然りですが、本来最も大切な「人の命」が二の次三の次になっています。

日航機ハイジャック事件の時「人の命は地球より重い」といわれた福田元総理の思いはどこへ行ってしまったのでしょうか。

日本の国民の意識の中に「人の命の尊さ」という思いが薄れてきているのでしょうか。

だとすればそれは何が原因なのでしょうか。

普通の人間だと思われていた人がいとも簡単に人の命を奪い去る。

普通の人間の意識の底でどんな変化が起こっているのでしょうか。

人の命の尊さ、命の重さ

日本人全体でもう一度見直す必要が有るのではないでしょうか。

 

いつも応援ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。クリックよろしくお願い致します