月曜日から禁煙に向け鋭意努力中です。

なんとも微妙な表現ですが、一日1本は可としています

今日で6日目ですが一日1本で、ずっとおさえてきています、0本はまだありません。

今回禁煙をしようかなと思ったのは別に体調に異常が生じたというわけでは有りません。

異常があれば直ぐにでもやめるのでしょうが、内臓などどこと言って悪い所はありません、しいて言えば新しくした革靴がなれず足の裏が痛いくらいです

それでも禁煙に踏み切る気になったのは、喫煙者の肩身の狭さ、自分が吸っているときは感じないのですが、非常口の階段や、ホームの端っこで吸っている人の姿を見て自分もあんなふうなのだなと何となくイヤに感じたからです。

何かすごく惨めっぽく、感じるようになってきたんです。

禁煙をできないでいる自分。

喫煙は悪だといった世の中の風潮。

それこそ煙たがられている喫煙者の存在。

私自身喫煙を悪だとはいまだに感じてはいませんが、それでも世の中の流れが禁煙中心になってきていて、喫煙者ははばかれています。

タバコ1箱1000円だのとバカな事を言われてまで吸う必要もありません。

そこで、禁煙を試みているのですが結構辛いものです。

今回はニコチン置換療法を使うことにして「ニコチネルパッチ」というものを薬局で購入してきました。

お腹、腰または腕に貼って禁煙補助になるというシールみたいなものです。

実験しながら効果を確認しながら使っています。

その効果、使用上の注意などはまた次回書かせていただきます。

 

いつも応援ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。クリックよろしくお願い致します