莫久来土曜日に長男が夏休みで仙台から帰ってきました。

土産は女房に「喜久福」の生菓子、そして私には塩竃名産「莫久来」です。

「喜久福」も最近では全国区の人気になったようですね、以前は仙台土産というと「笹かまぼこ」と「萩の月」が多かったようですが、近頃はこの「喜久福」が人気のようです。

上品な味・甘さが喜ばれているのではないでしょうか。

ところで「莫久来」というものを皆さんはご存じでしょうか?

今回土産に買ってきてくれた写真の商品です。

私も今年の2月に仙台へ行って食べるまで知りませんでした。

居酒屋さんあたりで食べると小鉢にほんの少し盛って出してくれるのですが一口食べて大好きになってしまいました。

仙台からの帰りにも買ってきましたが東京あたりで探しても見つかりません。

ネットで検索すると岐阜のメーカーのものは載っているのですがこの塩竃のメーカーさんのものは画像がありますが販売ルートは載っていません。

「莫久来」とは「ホヤ」となまこの内臓の「このわた」で作った塩辛の事です。

ホヤというと独特の臭みというか好き嫌いが分かれるところですがこのわたと混ざり合う事によって微妙な味に変わってくるんですね。

正に酒飲みのための珍味といった所でしょうか。

日持ちがしないようなので早く食べないといけないのですが、言われる前に直ぐなくなってしまいます。

今ではインターネットで何処にいても各地の名産が取り寄せられる時代ですがその地へ行かないと手にすることが出来ないというものがあってもいいですよね。

今晩もお酒が美味しい事でしょう。

飲みすぎ注意ですね