先日浅草橋の駅で見た光景です。

リクルートスーツの学生さんが三鷹方面行のホームで電話をしていました。

「私、○○大学4年の○○ですが」

「おいおい何してんだよ。

こんな騒々しい駅のホームから志望先に電話するんじゃないよ。」

私は心の中で叫びましたね。

信じられない気持でした。

こんなざわついた駅のホームから志望先に電話をするということは私の辞書にはありません(笑)



以前にはマクドナルドから面接依頼の電話をしている女子大生もいました。

私が採用担当でしたら彼や彼女らはこの電話をしてきた段階でもう不採用です。

今の学生はこのような心遣いが出来ないようです。

親の教育なのか、学校の教育なのか、おそらく両方だと思いますが、今の学生に足りないものがはっきりした光景でした。

まだ就職先の決まっていない学生諸君!

もう少し細かい心遣いをしないと本当に何処にも就職出来ませんよ。