イヤ〜ビックリしました!

得意先に行こうと道を歩いていると目のスミに黒い動物の毛が目に入ってきました。
ほんの一瞬ですが人間の感覚ってすごいですね。

なにか異様なものを見たような・・・・・
スグに反応しました

なんとイノシシが吊るされていました。

いのししももんじゃ

































これです!!!

通い慣れた得意先ですがいつも通る道とは違う道を今日は歩いていて発見しました。

そこは何でも享保三年創業の猪料理店ですからこの界隈では有名なお店なんですが、
このように道のスグ脇にイノシシが吊るされているのを見たのは初めてでした。

もともとは漢方の薬屋さんで薬の一種としてイノシシを提供していたそうですが
肉食を禁じられていた江戸時代でも「山くじら」と称して提供されていたそうです。

そのお店は
いのししここで、本来は「ももんじやの豊田屋」さんという
屋号だったと由来が掲げてありました。

それにしても私が見たのが月曜日の11時過ぎ
でしたがず〜っと吊り下げているわけではないんでしょうね。

東京の隅田川の近くのお店ですが、カラスなど突付きに来ないのでしょうか?

余計なことを心配してしまいました。