ガソリンの値上げが進んでいます。

一時期安くなったかと思っていましたが、ここに来てまた一気に値上がりですね。

史上最高値も間違いないそうですから、この夏休み車で遠出を考えている人には痛手ですよ。

我が家は子供が大きくなってそれぞれ独立してアパート暮らしをしていますから、家族で遠出をすることは亡くなりましたが、子供が小学校のうちは女房の実家がある四国まで車で帰郷していましたのでそれを考えるとゾッとしますね。

そもそもガソリンの値段の約56パーセントが税金です。

ご存じでしたか?リッター145円になりそうだといいますから、それで換算すると

145円のうちなんと81.2円が税金になるんです。

ガソリンに払うお金は63.8円。

これどう思います?

税金がなければリッター64円弱で給油できるんですよ。

この税金が本当に道路の改修などにまともに使われていればまだしも、

もしも、天下り役人の退職金に使われていたりしたら踏んだり蹴ったりですよね。

ところがもう一つおかしいのが、145円のうち81.2円税金を取っておきながら、

さらに5パーセントの消費税をかけているという点です。

税金の2重取り。

これも長い間自民党の単独政権が続いたせいだと思いませんか。

役人天国。

国民の生活に政治は目を向けていません。

車は贅沢品だった頃の遺物としか言いようがありません。

週末には1円でも安い食料品を求めてスーパーへ買い出しに行く主婦の人にとっては

車は必需品、軽自動車の需要が高まるのも当たり前、そんな時代にこの高税額。

なんとかならないものでしょうか。

民主党にでも見直しをお願いいたしますか(笑)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070802-00000009-maip-bus_all この記事を参照

いつも応援ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。クリックよろしくお願い致します