団塊世代自営業者のひとりごと

心にプラス思考!身体に栄養!財布にお金! バブル景気を猛烈に働き、振り返れば既に40年超、思い起こせば様々な事を経験してきました。そんな思いを込めて。

マイホーム

マイホーム不況で競売最多

不況でマイホームの返済が行き詰まり競売で処分されるケースが急増しているというニュースがありました。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が08年度に競売にかけた住宅は記録のある02年度以降で最多の16577件になったということです。

特に今年3月には昨年9月の約2倍の1830件に急増、勤務先の倒産で失業した借り手が増えたためと見られる。

このような内容の記事でした。

昨年のリーマンショック以降、最近のGMの破綻と世界中の経済が底なしの泥沼状態、何時上向くのかさえわからない状態です。

このような状況ですからボーナスカットやリストラでローン返済不能に陥る家庭が急増しているというわけです。

本当に暗い世の中になっています。

恐らく多くの人がこの現実に直面しているのではないでしょうか。

私も宣伝関係の仕事をしていますが各企業の宣伝予算の縮小は目を覆うばかりです。

どの企業も景気が上向くのをジーット我慢をして見守っているといった所です。

体力のある企業はそれでもいいですが、体力のない企業はそうもいっていられません。

一寸先は闇の状態です。

今年1年で上向けばいいですが、中々難しいのが現実ではないでしょうか。


そうなれば夢のマイホームを手放す家庭が今後も増え続けるような気がします。

頑張れ日本!!!!!

団塊世代が考える/マイホームって何なんだろう?

長男が今日仙台へ向かいます。

信金に勤めていた長男が転職を考え始めて約2ヶ月

いよいよ今日出発です。

次男が2年前に就職をしてすぐ東京で一人暮らしを始め、

長男も今日巣立て行きます。

そんな事で最近チョッと考えています、「マイホームって何だろう

若い頃、先輩に「地べただけは早く買って置けよ」と言われて

一戸建てに憧れを持つようになりました。

私は27歳ではじめて小さなマンションを買って、31歳で結婚して

32歳でマンションを買い換えて41歳の時今の家を買いました。

バブルの最後の方でしたから買い換えるには今しかないと思い背伸びをして

一戸建てに買い換えたわけですが、当時としては親の援助無しで

自分で手に入れることが出来るであろうぎりぎりの金額でした。

次男が小学校へ入学を控えていたので時期的にもちょうど良いと決断しました。

そしてこの家に住んで15年が過ぎました。

その家から2人の子供が巣立っていきます。

2人とも男ですからもうこの家には戻ってこないでしょう。

そう思うと「マイホームって何なのだろう」と思ってしまう昨今です。

チョッと複雑な心境になっています。

人気ブログランキングよろしくお願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。応援よろしくお願い致します



    プロフィール
ほぼ団塊世代の63歳、ロバビジです。還暦を過ぎると友人との再会が楽しみになってきます。孫に会うのはそれ以上の楽しみですが。日々年代ごとに感じる事が変わってくると思います、その思いを書きとめて行きます。

自分の体臭は気づかないものです
体臭は悪臭に属します!
デオシーク

育毛剤の終着駅です! これにしました

最近話題の59種の栄養素を持つミドリムシ
栄養バランス考えていますか?
スーパーミドリムシ

物言わぬ臓器だから
大事にしませんか?

レバリズム-L

何度も禁煙に失敗した私が
禁煙出来たのはこれのお陰です。



乳酸菌革命





しじみにんにく