「食べていけない、死ぬ事を決めた」と言う携帯電話の未送信メールを残して5歳、2歳の長男長女と妻の首を絞める。

そして自らはマンションから飛び降り自殺。

この男性の気持ちを考えると本当に辛くなります。

彼の場合、ニュースには電気工事業とだけありました、記事からは自営かどうか解りません。

でも、サラリーマンなら自殺をするまで追い込まれはしないでしょう。

私は一人で仕事をしていますのでこのような記事を読むと人事のように思えません。

この先何時仕事がなくなってしまうか、このような不安が常に付きまとっています。

今回自殺した男性はまだ34歳です。そして奥さんのお腹の中には3人目のお子さんも宿っていたそうです。

このような若い人が子供3人と奥さんに手をかけてなぜ死を選ばなくてはいけないのでしょう。

もう少し頑張る手はなかったのでしょうか。

先日も52歳の一人暮らしの男性が「おにぎりを食べたい」と日記に書いて死んでいきました。

20年位前になるのでしょうか「一億総中流意識」時代。

あの頃にはありえなかった話だと思います、バブルと言う波がそれこそ泡と消え勝ち組、負け組み

さらには格差社会と言われ貧富の格差が出てきています。

それでも、一般の人は中流意識から抜け出ていません。

だからおにぎり1個が食べられなくて死んでいく人の気持ちが解って上げられません。

今回のこの自殺に見られる現実が国民全体を襲おうとしています。

今回の選挙、大事な一票を大切にしたいですね。

自分達の生活を守る為にも。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070720-00000120-jij-soci この記事を参照

いつも応援ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。クリックよろしくお願い致します