団塊世代自営業者のひとりごと

心にプラス思考!身体に栄養!財布にお金! バブル景気を猛烈に働き、振り返れば既に40年超、思い起こせば様々な事を経験してきました。そんな思いを込めて。

大宮

お氷川様へ遅めの初詣に行って来ました/団塊世代が考える

今日、遅くなりましたが女房と二人で氷川神社へ初詣に行って来ました。

例年ですと元旦か二日の日に行くのですが、女房が元旦から仕事でやっと今日休みが取れて遅めの初詣になったわけです。

年末に年の初めが休みでない事がわかった時、私一人で初詣に行くと言ったら25年間家族で行っていたのに一人で行くのかと恨めしそうに言われ仕方なく今日まで待っていました。

私が初詣に行くのは大宮の氷川神社です。

大宮で生まれ育ちましたので物心ついた時からずっとお参りに行っています。

でも5日にいくのは初めてのことなので、もう参拝客はまばらになっていると思っていましたが、驚いたことに三が日に引けをとらない位の混雑振りにビックリしました。

さすが「お氷川様」と地元意識が出てチョット誇らしげな気持ちになったのには自分自身不思議な感覚でした。

大宮という地名も大きなお宮があるところという意味で県内だけでなく都内などにも氷川神社と名のつく神社が数多く存在します。

秋葉原に有った鉄道博物館も旧国鉄の大宮工場の敷地に移転してきましたし、氷川神社に隣接する大宮公園、さらに隣接する盆栽村には盆栽記念館(正式名称は未定だと思います)も出来ると聞いています。

今は、大宮から離れて暮らしていますが、生まれて30年間育ててもらった街は今でも愛するふるさとです。

皆さんにもきっと心の故郷というものが有ると思います。

いつまでも自分のふるさとを大事にしておきたいですね。

 

いつも応援ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。クリックよろしくお願い致します

盆栽の町がある大宮

今日は朝のうちは日差しがありましたが急速に曇ってきて午後からは雨が降り出した埼玉です。

お昼ご飯を食べながらふとテレビをつけたらTBSテレビ「噂の東京マガジン」という番組で「税金のムダか?!盆栽に5億円で大論争」というのを放送していました

私の生まれ育った旧大宮市には盆栽町という町名がありましたし一時親戚もそこに住んでいましたので関係で盆栽という言葉は私にとって身近に感じる言葉です。

そこで、興味を持って番組を見ているとなんとその盆栽町で起こっている話だそうです。

大宮を離れてしばらく経ちますので知らなかったのですが栃木県にある日本で唯一の盆栽専門美術館。

それは大手事務機器メーカーの名誉会長が、半世紀をかけて集めた約300点の盆栽があり、中にはテレビや雑誌で何度も紹介されている「日暮し」という逸品もあるそうです。

これらは一般的な評価額で20〜50億円ともいわれる世界一の盆栽コレクションで、これらを盆栽町に新たに会館を作り観光の目玉にしようという計画らしい。

その購入予算に5億円を計上したということが大きな問題になっているという内容でした。

ものの価値観というのは人それぞれ違いますが関東大震災で焼け出された東京の盆栽職人さんたちが集団移住をして今の盆栽村が出来たといますし近くには漫画会館もあります、今では年間数万人観光客の方が訪れるようになっていますが地元の人にはそれほどその価値を認められていないようですね。

大宮というのはそもそも大きいお宮、氷川神社があるから大宮になり東北線と上信越線の分岐点で鉄道の町として発展し戦後は埼玉県一番の商業都市として栄えてきました。

そんな影に盆栽は隠れてしまっていたようですが「BONSAI」は世界で通じる国際語と聞いてもいます。

もう、地元の人間ではありませんがもっと「盆栽」という世界の財産に価値を見出しても良いのではないかと思いました。

 

雨の休日、生まれ育ったふるさとを紹介させていただきました。

今日もお忙しい中お立ち寄り頂きありがとうございます

人気ブログランキング」よろしくお願いいたします。

ご訪問ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。応援よろしくお願い致します



    プロフィール
ほぼ団塊世代の63歳、ロバビジです。還暦を過ぎると友人との再会が楽しみになってきます。孫に会うのはそれ以上の楽しみですが。日々年代ごとに感じる事が変わってくると思います、その思いを書きとめて行きます。



育毛剤の終着駅です! これにしました ポリピュア ポリピュア

しつこい肩こり、筋肉痛に
驚きの効果でビックリ



何度も禁煙に失敗した私が
禁煙出来たのはこれのお陰です。