http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070413-00000201-yom-pol

Iターン、Uターン。出来ることなら叶えたい。

私もほぼ団塊世代ですが自営業なのであと何年後に定年退職して退職金が3000万円入るなんていう保証がありません。

ですから、いつ何処へ行くなどとはお金もないので今言えません。

でも、私は若い頃から地方思考と言うか田舎暮らしに憧れを持っています。

就職試験も何処へ入っても一緒、地方転勤可能で1社受けそれ以外は入社試験を受けませんでした。

ところが入社したら特注部門に配属され地方転勤はなくなってしまいました。

それ以来東京近郊に住んでいます。

そんな経緯があるものですから未だに田舎暮らしへの憧れがあります。

今も、自宅の周りは住宅街ですが少し離れれば梨栽培の棚や田んぼもあります、連休には田植えも始まります。

そんなのどかな風景を見ていると心が洗われるような感じがします。

「この光景に海が加われば最高なんだけどな」といつも思っています。

海を見ていると自分が本当に小さく思われます。

大自然と向き合うと人の小ささを思い知ります。

仕事で悩みがある時、営業に出たての若い頃、売れずに悩んでいたときなどよく京浜急行に乗って勤務時間中に海を見に行きました。

そして海に励まされました。

老後は、海の見える家に住みたい。

ささやかな希望です。

政府は12日、都市に生活の拠点を持ちながら週末だけ地方で暮らす「2地域居住」や、地方に生活拠点を移す「U・Iターン」の支援に本格的に取り組む方針を固めた。

このニュースは私のような者にとって今後が楽しみなニュースです。

 

人気ブログランキングよろしくお願いいたします。