団塊世代自営業者のひとりごと

心にプラス思考!身体に栄養!財布にお金! バブル景気を猛烈に働き、振り返れば既に40年超、思い起こせば様々な事を経験してきました。そんな思いを込めて。

GW

長男ゴールデンウィークで帰宅

長男が仙台からGWを利用して戻ってきます。

途中で友達と会うらしく深夜の帰宅になるそうです。

ま、明日のレッズ戦がメインの目的でしょうが、元気な顔を見せに帰ると言う事はやはり親孝行な事です。

こんな事も息子が離れてみて初めて解るものです。

長男は性格的に私に似たのかシャイな方です(自分で言うな!)

女房が電話をしてもすぐ切りたがります。

仙台の住まいに泊まりに行きたいといった時は「何しに来るの」と言われたとがっかりしていました。

「男の子はツマンナイ」そう言っていました。

そうかと言って冷たいわけでは有りません。

去年の2月には私たち2人を新幹線代からホテル代、昼飯、夕食代まで全て長男持ちで仙台に招待してくれました、帰りにはお土産まで持たせてくれました。

そして今月の23,24日はまた招待してくれています。

今度は新緑の杜の都見物です。

そんな照れ屋の長男ですから帰ってきても何を食べたいとか、そういうことは何も言いません。

埼玉より仙台の方が美味しいものがそろっているからなお更かもしれませんですけどね。

いつもは居眠りをしている時間ですが今日はしっかり起きている女房殿です。

 

12連休!身近に有った大型連休

前にビックリした16連休の話題を取り上げましたが、それに近い12連休が判明しました。

それは、私の得意先です

社員の方もあまり言いたがらず、今日になって初めて口にされました。

4月25日の土曜日から5月6日までだそうです。

「スゴイデスネー」と思わず言ってしまったら

「ご迷惑お掛けします」といわれてそれ以上その連休の事は聞けませんでした。

ご本人達にも戸惑いがあるようです。

私のような一人企業では1日休めばそれだけ売上が落ちる、そんな意識が有りますし、子供が小さい時は我が家も子供達を連れて1泊旅行ぐらいしましたが、その子供達も家を出て独立しましたので長期の休みはありがたく感じなくなってきてしまいました。

この百年に一度といわれている不況の中、大型連休と言ってもそれぞれそのおかれた立場・環境によって大型連休の意味も違って感じているのではないでしょうか。

ゴールデンウィークが16連休!!余計な心配ですが・・・

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/golden_week/?1239796033

大不況でGW「16連休」続出?

こんな見出しの記事がありました。

16連休が明らかになっている企業は半導体製造装置大手のディスコなどでまだ少ないがミクシィではその悩みを打ち明ける書き込みが増えているとのこと。

人ごとながら連休明けの懐具合が気になりますね。

16連休と言う事は4月25日から5月10日までズーーーーーと休みということですよね。半月ですよ。

今までこんなに長い休みを取った人はいないでしょうからどう休みを過ごしたらよいか戸惑う人が多いのではないでしょうか。

さらに、この休みは有給になるんでしょうね。

今は補助金制度が色々あると聞きますが、その辺を利用しての事なのでしょうか。

休んだは良いが5月の給料も半額ではこまりものですからね。

仕事が少なくあたふたしている私のような自営業者にとってはどこか遠い国の出来事にしか聞こえません。

それにしても本当に不況が充満しています。

何か良い話がないかとアンテナを立てていますが良い話は聞こえてきません。

大きな注文をとったと聞くと利益は無いに等しい微々たる物。

「そんな商売してやる意味あるの?」

そんな質問を投げかけますが、上司から

「何でも良いから注文をとって来いといわれています」という返事。

採算度外視の商売がまかり通っています。

自分の足を食って生活しているようなものです。

私のような零細企業は何時までも待てません。

そんな企業他にもあるのではないでしょうか。

連休よりも仕事をくれと叫んでいる人が多いのが実情だと思います。

 

 

ご訪問ありがとうございます。1日1回「人気ブログランキング」クリックして頂けるととランキングがアップいたします。応援よろしくお願い致します



    プロフィール
ほぼ団塊世代の63歳、ロバビジです。還暦を過ぎると友人との再会が楽しみになってきます。孫に会うのはそれ以上の楽しみですが。日々年代ごとに感じる事が変わってくると思います、その思いを書きとめて行きます。

老後資金・お小遣い調達に最適!自宅で稼ぐ!


育毛剤の終着駅です! これにしました ポリピュア ポリピュア

映画青年だった青春時代に
見た映画を楽しんでます。


何度も禁煙に失敗した私が
禁煙出来たのはこれのお陰です。